コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女性性器の損傷 じょせいせいきのそんしょう Injury of Genitalia

1件 の用語解説(女性性器の損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょせいせいきのそんしょう【女性性器の損傷 Injury of Genitalia】

[どんな病気か]
 交通事故などの大きな外傷や、手術・分娩(ぶんべん)による損傷を除けば、日常生活での「けが」による女性性器の損傷は、外性器といわれる外陰部(がいいんぶ)・腟(ちつ)までの部位に限られます。
 しかし、クリトリスや腟の周囲は血管が豊富で、少しの傷でも多量の出血がおこりやすく、また、外からの細菌感染もしやすいので、安易に考えないほうがよいでしょう。
[原因]
 とくに、小さい女の子が転倒したとき、あるいはなんらかのはずみでぶつけたときや、また、粗暴な性交、異物の挿入などで損傷することもあります。
[検査と診断]
 視診(ししん)によって、出血部位は簡単に診断できますが、損傷が腟におよぶ場合は、外への出血は少なくても内出血していることがありますので、腟鏡(ちつきょう)という器具を用いて検査します。また、大きな損傷の場合は、そばにある膀胱(ぼうこう)や直腸などが損傷していないかどうかの検査も必要です。
[治療]
 傷が浅く、小さく、出血の少ないものでは、縫合(ほうごう)は不要です。そうでないものは縫合しますが、いずれの場合も、感染予防のために抗生剤あるいは軟膏(なんこう)が処方されます。さらに、その後の消毒もたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

女性性器の損傷の関連キーワード交通事故保険事故る人身事故何心地頻発貰い事故交通安全交通禍交通事故証明書

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone