コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女踏歌 オンナトウカ

大辞林 第三版の解説

おんなとうか【女踏歌】

女のする踏歌。平安時代、正月16日に宮中で行われた踏歌の節会せちえで童女四〇人が歌をうたいながら、紫宸殿南庭から校書殿きようしよでんを回って退出する。七世紀末から一六世紀初頭まで行われた。めどうか。 ↔ 男踏歌踏歌

めどうか【女踏歌】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の女踏歌の言及

【踏歌】より

…日本では693年(持統7),694年に漢人(あやひと)や唐人が奏しはじめたと《日本書紀》にいう。平安初期に節会(せちえ)に定着,男(お)踏歌は正月14日,宮中から始めて翌暁まで貴族の邸を巡り,女(め)踏歌は毎年正月16日に宮中で舞った。曲詞は唐様に催馬楽などを加えた。…

【踏歌の節会】より

…日本では天武天皇3年大極殿に拝朝ののち,男女の別なく行われたとも伝えられるが,持統7年(693)正月の条に〈漢人等奏踏歌〉とみえるのが《日本書紀》の初見。節会には1月14日の男踏歌,同16日の女踏歌がある。男踏歌は,天皇が清涼殿の東の孫廂に,公卿等は長橋に着座し,東庭に参入の歌人の踏歌を見,東の簀子に着座し酒肴を賜う。…

※「女踏歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女踏歌の関連キーワード踏歌の節会踏歌節会教坊

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android