コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴め シャツメ

デジタル大辞泉の解説

しゃつ‐め【奴め】

[代]《「め」はののしりの意を表す接尾語》三人称の人代名詞。「しゃつ」を強めていう語。あいつめ。きゃつめ。やつめ。
「―共にのがすな」〈浄・国性爺

やつ‐め【奴め】

[名]やつ(奴)」を強めていう語。「にくい奴め
[代]三人称の人代名詞。「やつ(奴)」をいっそう卑しめたり、憎悪の感情を交えたりしていう語。「奴めの言いなりになどなるものか」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃつめ【奴め】

( 代 )
三人称。「しゃつ」よりさらにののしりの意を強めていう語。あいつめ。やつめ。 「 -共にのがすなと火ぶたを切て取かこみ/浄瑠璃・国性爺合戦」

やつめ【奴め】

( 名 )
「やつ(奴)」をいっそう卑しめていう語。 「つまらないことをする-だ」
( 代 )
三人称。他人を卑しめたり同輩以下の者を親しみをもっていう語。あいつめ。 「 -、また何かやらかしたな」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴めの関連情報