コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好塩細菌 こうえんさいきんhalophilic bacteria

4件 の用語解説(好塩細菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

好塩細菌
こうえんさいきん
halophilic bacteria

高濃度の食塩 NaCl中で成育できる細菌の総称。高 NaClを必須条件とする細菌もあるが (Micrococcus halodenitrificans. Halobacterium halobium) ,高濃度ではなくても成育できるものもあり,これらは真の好塩性と区別して耐塩性といわれる。成育する NaCl濃度は,1molから飽和濃度近くにまで及ぶ。好塩細菌のもつ酵素のあるものは,高い食塩濃度中でのみ十分な活性を示す。好塩細菌は海産物や塩蔵食品の変質の原因となることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

好塩細菌

 2%以上という食塩の高濃度の状態で最も発育のよい細菌で,耐塩菌とは区別される.Vibrio属,Pseudomonas属,Achromobacter属,Halobacterium属などにある.食中毒の原因となる場合もあり,また塩蔵品の発酵に寄与する場合もある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好塩細菌
こうえんさいきん
halophilic bacteria

一般に塩類を好む細菌をいうが、厳密には生理学的な食塩濃度(約0.85%)以上の濃度に耐え、よく生育する細菌。海洋性の細菌では、生育のために約3%の食塩を必要とするが、それ以上の高濃度でも、その反対に食塩をまったく含まない培養基にも生育しない。また、これらの細菌は、塩耐性によって、非好塩菌、海水細菌、中等度好塩細菌、高度好塩細菌などに類別される場合もある。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

好塩細菌の関連キーワードイオン液体塩基金属塩イオンイオン結晶塩化ナトリウム化学式量生成熱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone