コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好塩菌 コウエンキン

デジタル大辞泉の解説

こうえん‐きん〔カウエン‐〕【好塩菌】

ある濃度以上の食塩が存在する所でだけ発育・増殖する細菌。食中毒の原因となるものもある。好塩細菌

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

好塩菌【こうえんきん】

発育増殖に数%以上の食塩の存在を必要とする細菌の総称。多くの海水細菌はこの性状をもち,培地中に2〜3%の食塩を加えると良く発育する。代表的なものにコレラ菌腸炎ビブリオがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうえんきん【好塩菌 halophilic bacteria】

食塩を含む培地に増殖し,普通の培地にはほとんど増殖しない一群の細菌をいう。好塩菌は通常は5~10%の食塩濃度の培地が発育に好適な条件となるが,好塩菌のなかには,12~15%の食塩存在下においてのみ生育が可能で,低濃度食塩の培地では生育できないものもおり,これらの細菌は絶対好塩菌呼ばれる。好塩菌と同様に食塩を含んだ培地で生育ができ,かつ食塩を含まない培地でも生育ができる細菌は,耐塩菌あるいは条件的好塩菌と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうえんきん【好塩菌】

食塩水中で発育増殖する細菌。腸炎ビブリオなど食中毒の原因となるものもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone