コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好色敗毒散 こうしょくはいどくさん

1件 の用語解説(好色敗毒散の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょくはいどくさん【好色敗毒散】

浮世草子。夜食時分(やしよくじぶん)作。1703年(元禄16)刊。5巻。大坂の新町を主に,京の島原,江戸の吉原に関する15章の好色短編より成る。珍奇なケースを設定し,意外の落ちに導く技巧派の秀作。彼の第1作《好色万金丹》に比べ筋の運びに曲折が加わり,まとまりがよいのは,当時の浮世草子界の趣向本位の風潮の反映である。夜食時分は大坂の俳諧師と思われるが,正体は不明で以後も作品はない。【長谷川 強】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone