コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好色敗毒散 こうしょくはいどくさん

1件 の用語解説(好色敗毒散の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょくはいどくさん【好色敗毒散】

浮世草子。夜食時分(やしよくじぶん)作。1703年(元禄16)刊。5巻。大坂の新町を主に,京の島原,江戸の吉原に関する15章の好色短編より成る。珍奇なケースを設定し,意外の落ちに導く技巧派の秀作。彼の第1作《好色万金丹》に比べ筋の運びに曲折が加わり,まとまりがよいのは,当時の浮世草子界の趣向本位の風潮の反映である。夜食時分は大坂の俳諧師と思われるが,正体は不明で以後も作品はない。【長谷川 強】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

好色敗毒散の関連キーワード好色本今時分時分時分柄時分時時分の花時分触れ食時昼時分飯時分

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone