妻児(読み)せいじ

精選版 日本国語大辞典「妻児」の解説

せい‐じ【妻児】

〘名〙 妻と子。妻子。さいじ。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「胡の地のせいしをば空しく捨て捨てつとずするを」
[補注]「源氏」例の引用歌は、「白氏文集‐第三・諷諭三・新楽府・縛戎人」の「念此呑声仰訴天、若為将苦度残年。涼原郷井不見、胡地妻児虚棄捐」による。

さい‐じ【妻児】

〘名〙 妻と子。妻子。
※蛻巖集(1742‐46)三・詠雪「敝僑索莫、絶無跫音。与妻児炉坐」 〔白居易‐偶作寄朗之詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android