姉羽鶴(読み)あねはづる

精選版 日本国語大辞典「姉羽鶴」の解説

あねは‐づる【姉羽鶴】

〘名〙 ツル科の。ツル科中、最小の種で全長約九五センチメートル。全身灰色で、の前面は黒色。目の後方には白い房状の飾り羽がある。ヨーロッパ南東部からアジア中部に分布。日本には迷鳥として渡来したことがある。《季・秋》〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姉羽鶴」の解説

あねは‐づる【姉羽鶴】

ツル科の鳥。全長約95センチ。全身が淡青灰色で、のどと首の前部は黒い。ユーラシア大陸の中央部で繁殖し、冬にインドなどへ渡る。日本では迷鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「姉羽鶴」の解説

姉羽鶴 (アネハズル)

学名Anthropoides virgo
動物。ツル科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android