コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜宸英

2件 の用語解説(姜宸英の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

姜宸英

清代の文人。浙江省慈渓生。字は西溟、号に湛園・葦間等。康熙36年(1697)探花使となり、編修となる。明史の編修に関わり、朱彝尊・厳縄孫と三布衣と称された。書は楷書をもって知られ、山水画を能くした。康熙38年(1699)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姜宸英
きょうしんえい
Jiang Chen-ying

[生]崇禎1(1628)
[没]康煕38(1699)
中国,清初の文人。浙江省慈渓の人。字,西溟 (せいめい) 。号,湛園。初め明朝に節を立て清朝に仕えず,康煕 36 (1697) 年に 70歳で進士となったが,翌々年獄死の悲運にあった。詩文にすぐれ,特に散文に雄健な気風をもち,清初の古文の作家として高名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姜宸英の関連キーワード階乗エヌ康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没三角数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone