コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜宸英

美術人名辞典の解説

姜宸英

清代の文人。浙江省慈渓生。字は西溟、号に湛園・葦間等。康熙36年(1697)探花使となり、編修となる。明史の編修に関わり、朱彝尊・厳縄孫と三布衣と称された。書は楷書をもって知られ、山水画を能くした。康熙38年(1699)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姜宸英
きょうしんえい
Jiang Chen-ying

[生]崇禎1(1628)
[没]康煕38(1699)
中国,清初の文人。浙江省慈渓の人。字,西溟 (せいめい) 。号,湛園。初め明朝に節を立て清朝に仕えず,康煕 36 (1697) 年に 70歳で進士となったが,翌々年獄死の悲運にあった。詩文にすぐれ,特に散文に雄健な気風をもち,清初の古文の作家として高名。また書画にも巧みで,書は小楷を,画は山水を得意とした。詩文集『湛園集』 (8巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

姜宸英の関連キーワード雄健進士

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android