コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜徳相 きょう とくそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姜徳相 きょう-とくそう

カン-ドクサン

姜徳相 カン-ドクサン

1932- 昭和後期-平成時代の朝鮮近現代史学者。
1932年2月15日生まれ。昭和9年(1934)来日。平成元年在日韓国人最初の国立大教授として一橋大教授となる。7年滋賀県立大教授。関東大震災の際の朝鮮人虐殺に関する資料を発掘,三・一独立運動,朝鮮独立運動などの資料を収集。朝鮮慶尚南道出身。早大卒。著作に「関東大震災」「朝鮮独立運動の群像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

姜徳相の関連キーワード貨幣・財政整理事業乙巳保護条約愛国啓蒙運動二・八宣言独立協会間島事件安昌浩呂運亨自警団柳寛順尹奉吉カン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姜徳相の関連情報