コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥柳惇平 うばやなぎ じゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姥柳惇平 うばやなぎ-じゅんぺい

?-1837 江戸時代後期の儒者。
豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。寛政元年姥柳有莘(ゆうしん)の養子となる。藩校由学館頭取兼習書師をつとめた。幕命で藩が「豊後国志」を編集したとき,幕府提出本の浄書をした。天保(てんぽう)8年9月24日死去。字(あざな)は公明。号は担斧。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

姥柳惇平の関連キーワード徳川家斉マンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android