コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人週間 ふじんしゅうかん

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんしゅうかん【婦人週間】

女性の地位向上のための行事が全国的に実施されるよう,労働省が1949年から設けたもので,日本女性が初めて参政権を行使した1946年4月10日を記念し,毎年この日に始まる1週間を指す。その年にふさわしいテーマが選ばれ,各地で講演会,シンポジウムなどの啓蒙活動が行われる。初期のテーマは,女性の意識向上・能力向上が中心であったが,国際婦人年(1975)およびそれに続く〈国連婦人の10年〉の前半期には〈男女平等と婦人の社会参加をすすめる〉が,後半期には,〈あらゆる分野への男女の共同参加〉がテーマとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人週間
ふじんしゅうかん

女性の自主性や地位向上を図るための週間。1949年(昭和24)以降実施され、1998年(平成10)からは「女性週間」と改称された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

婦人週間の関連キーワード女性問題

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婦人週間の関連情報