固定観念(読み)コテイカンネン

大辞林 第三版の解説

こていかんねん【固定観念】

心の中にこり固まっていて、他人の意見や周りの状況によって変化せず、行動を規定するような観念。固着観念。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こてい‐かんねん ‥クヮンネン【固定観念】

〘名〙
① ある人の心中に潜在して、つねに念頭を離れず、外界の動きや状況の変化によっても変革することが困難である考え。固着観念
※個人主義思潮(1915)〈相馬御風〉緒論「それは固定観念から自由になる事であるは勿論だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固定観念の関連情報