コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑児 りょくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑児
りょくじ

大宝令』で3歳以下の男子を緑児,女子を緑女と称した。不課口。大宝2 (702) 年以降の諸国の戸籍帳に散見。『養老令』では緑を黄に改めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みどり‐ご【緑児/嬰児】

《古くは「みどりこ」》生まれたばかりの赤ん坊。また、3歳くらいまでの幼児。

りょく‐じ【緑児】

大宝令で、3歳以下の男児の称。みどりご。→緑女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょくじ【緑児】

大宝令で、三歳以下の男児の称。 → 緑女

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑児の関連情報