緑児(読み)りょくじ

デジタル大辞泉の解説

みどり‐ご【緑児/嬰児】

《古くは「みどりこ」》生まれたばかりの赤ん坊。また、3歳くらいまでの幼児。

りょく‐じ【緑児】

大宝令で、3歳以下の男児の称。みどりご。→緑女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りょく‐じ【緑児】

〘名〙 三歳ぐらいまでの小児。特に、奈良時代の戸籍で、三歳以下の男児をいう。大宝令では三歳以下を緑と称し、養老令では黄(こう)といった。みどりご。緑子。
※正倉院文書‐大宝二年(702)御野国味蜂間郡春部里戸籍「伍保上政戸石作部小麻呂戸口廿四、正丁四、次丁一、緑児四」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android