緑児(読み)りょくじ

精選版 日本国語大辞典「緑児」の解説

りょく‐じ【緑児】

〘名〙 三歳ぐらいまでの小児。特に、奈良時代の戸籍で、三歳以下の男児をいう。大宝令では三歳以下を緑と称し、養老令では黄(こう)といった。みどりご。緑子。
※正倉院文書‐大宝二年(702)御野国味蜂間郡春部里戸籍「伍保上政戸石作部小麻呂戸口廿四、正丁四、次丁一、緑児四」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緑児」の解説

みどり‐ご【緑児/嬰児】

《古くは「みどりこ」》生まれたばかりの赤ん坊。また、3歳くらいまでの幼児

りょく‐じ【緑児】

大宝令で、3歳以下の男児の称。みどりご。→緑女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「緑児」の解説

緑児
りょくじ

『大宝令』で3歳以下の男子を緑児,女子を緑女と称した。不課口。大宝2 (702) 年以降の諸国の戸籍帳に散見。『養老令』では緑を黄に改めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android