緑児(読み)りょくじ

  • みどりご
  • 緑▽児/嬰=児

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

『大宝令』で3歳以下の男子を緑児,女子を緑女と称した。不課口。大宝2 (702) 年以降の諸国の戸籍帳に散見。『養老令』では緑を黄に改めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 三歳ぐらいまでの小児。特に、奈良時代の戸籍で、三歳以下の男児をいう。大宝令では三歳以下を緑と称し、養老令では黄(こう)といった。みどりご。緑子。
※正倉院文書‐大宝二年(702)御野国味蜂間郡春部里戸籍「伍保上政戸石作部小麻呂戸口廿四、正丁四、次丁一、緑児四」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android