コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えい

4件 の用語解説(嬰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えい

音楽理論用語。宮,商,角,徴,羽の五音に付して,そのもとの音よりわずかに高い (多くは一律上) ことを示す。嬰商,嬰羽がよく用いられる。 (へん) に対する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えい【×嬰】

音楽で、本来の音より半音高いことを示す語。「ヘ短調」⇔

えい【嬰】[漢字項目]

[音]エイ(漢)
赤ん坊。みどりご。「嬰児孩嬰(がいえい)
まといつく。枠を守って出ない。「退嬰
加える。半音高くすること。「嬰記号

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えい【嬰】

音楽で、音高が本来の高さより半音高いこと。 ↔ 「 -ヘ音」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【階名】より

…インド,アラビアにも,それぞれ中国の七声に当たる名称があり,インドネシアにも階名に当たるものもあるが,実際には,略字や数字によって表すことが多い。 日本では,雅楽,声明において中国の五声ないし七声理論を輸入したが,それぞれ独自の理論を生み出しているので,特に角の位置に異同があり,七声としては,嬰という独自の用語を考案して,嬰商,嬰羽などを頻用する。ただし,実際の旋律はオクターブ構造をもたなくなってしまった場合もあって,これらの五声ないし七声の名称は単に理論上のものだけとなっている場合が多い。…

※「嬰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嬰の関連情報