(読み)えい

精選版 日本国語大辞典「嬰」の解説

えい【嬰】

〘名〙
[一] 生まれたばかりの子。みどりご。嬰児(えいじ)。〔二十巻本和名抄(934頃)〕〔玉篇〕
[二] 音楽用語。
① 邦楽で、五声中の一音を一律、すなわち半音だけ高くしたもの。通常、嬰商、嬰の二つがある。
※歌儛品目(1818‐22頃)二「嬰商 嬰羽。〈略〉今按ずるに、嬰とは、幼弱の義にして、琴絃の名に、少商少羽と云に同き名なるや。出所未詳」
② 洋楽で、ある音符に対して半音高いことを示す語。シャープ嬰記号。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「嬰」の解説


えい

音楽理論用語。宮,商,角,,羽の五音に付して,そのもとの音よりわずかに高い (多くは一律上) ことを示す。嬰商,嬰羽がよく用いられる。 (へん) に対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「嬰」の解説

えい【嬰】[漢字項目]

[音]エイ(漢)
赤ん坊。みどりご。「嬰児孩嬰がいえい
まといつく。枠を守って出ない。「退嬰
加える。半音高くすること。「嬰記号

えい【×嬰】

音楽で、本来の音より半音高いことを示す語。「ヘ短調」⇔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【階名】より

…インド,アラビアにも,それぞれ中国の七声に当たる名称があり,インドネシアにも階名に当たるものもあるが,実際には,略字や数字によって表すことが多い。 日本では,雅楽,声明において中国の五声ないし七声理論を輸入したが,それぞれ独自の理論を生み出しているので,特に角の位置に異同があり,七声としては,嬰という独自の用語を考案して,嬰商,嬰羽などを頻用する。ただし,実際の旋律はオクターブ構造をもたなくなってしまった場合もあって,これらの五声ないし七声の名称は単に理論上のものだけとなっている場合が多い。…

※「嬰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android