子の日の御遊び(読み)ねのひのおあそび

世界大百科事典 第2版の解説

ねのひのおあそび【子の日の御遊び】

平安時代,正月初めの子の日に貴族たちが楽しんだ野遊び。小松の根引き(小松引き)や若菜摘みなどが行われたが,これらは年頭にあたって,寿を身につけたり,若菜の(あつもの)を食して邪気を払おうとしたものと思われる。現行民俗のなかに,正月初山入りに雌雄の小松を引いてきて後に苗代水口に立てたり,初山入りそのものをネノビネノキムカエといったりする所のあるのは,わずかにこの影響が残っているものであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる