子供の喧嘩に親が出る(読み)こどものけんかにおやがでる

ことわざを知る辞典「子供の喧嘩に親が出る」の解説

子供の喧嘩に親が出る

子供どうしのけんかにが出てきて口を出すのを牽制し、からかっていう。また、幼少期の子供にかぎらず、子供の問題に親が出てきて、騒ぎたてるのはみっともない、という意味で使うこともある。

[使用例] もし、のぞいたりすると、の息子が、「……子供の喧嘩に親が出た、弱虫毛虫のヤーイ、ヤイ」などと、ほかの子どもたちから囃したてられる[沢村貞子*私の浅草|1976]

[解説] 子供には子供の世界があることを認め、少々のけんかなら大人は口を出さないのが庶民の知恵でした。この文句は各地に伝承された童謡にもみられ、指遊びを伴うこともあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「子供の喧嘩に親が出る」の解説

こども【子供】 の=喧嘩(けんか)[=事(こと)]に親(おや)が出(で)

子どもどうしの喧嘩に親が干渉するのをそしっていう。つまらないことを騒ぎたてて、外から口出しすることのたとえ。また、おとなげないことのたとえ。〔滑稽本・酩酊気質(1806)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おまへがたはどうしたもんだへ。子供(コドモ)の喧嘩(ケンカ)に親(オヤ)が出(デ)ると、へにさへ笑種(わらひぐさ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「子供の喧嘩に親が出る」の解説

子供こども喧嘩けんかおや

子供どうしのけんかに親が口出しをすることを非難する言葉
つまらぬことに他から干渉することのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android