子宮出血(読み)しきゅうしゅっけつ

百科事典マイペディアの解説

子宮不正出血のことで,月経,出産時の正常な出血以外の子宮からの出血。単に不正出血とも。主として子宮に発生する各種の腫瘍(しゅよう)や炎症による出血,機能性出血(内分泌機能の変調障害による),産科的出血(流産子宮外妊娠弛緩(しかん)出血,その他)などがある。子宮外妊娠,流産などで,出血して初めて妊娠を知るという場合もあり,急激に多量の出血があれば死亡する危険もあるので注意を要する。それぞれの原因に対する適切な治療が必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の子宮出血の言及

【異常分娩】より

…これだけでは異常ではなく,この境がへそ近くまで上昇すると切迫子宮破裂の危険がある。
[子宮弛緩出血atonic hemorrhage of uterus]
 胎児と胎盤が分娩したのち,子宮の収縮が不良なために多量の子宮出血を起こすこと。胎盤娩出後には子宮筋は強く収縮して,開放している血管を閉鎖(生体結紮(けつさつ))して出血を防止しているので,分娩後期の出血量は正常では50g前後にすぎない。…

【機能性子宮出血】より

…子宮体内膜からの出血のうち,子宮に器質的病気(たとえば炎症,腫瘍,外傷)もなく,月経でも妊娠でもないときに起こる出血をいう。機能性子宮出血は,(1)妊娠(子宮内妊娠も子宮外妊娠も含む)中の出血でないこと,(2)月経とは区別される出血であること,すなわち出血開始日が月経予定日に一致していないか,または月経予定日に一致して開始した出血が7日以上止血しないで持続する出血であること,(3)子宮体内膜炎がないこと,(4)子宮に腫瘍(子宮頸癌,子宮体癌,子宮筋腫,子宮腺筋症,子宮肉腫,子宮体内膜ポリープなど)がないこと,(5)子宮の外傷がないこと,の5条件がすべて満足されたとき,それと診断される。この病気による出血は下腹痛を伴わないのが特徴である。…

【性器不整出血】より

…女性の性器からの出血(性器出血)には,生理的な子宮出血(月経)と不整(病的)なものとがある。通常,月経とは関係のない不規則な性器出血のことを性器不整(不正とも書く)出血または不整性器出血という。…

※「子宮出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android