コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔辺細胞 こうへんさいぼうguard cell

翻訳|guard cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔辺細胞
こうへんさいぼう
guard cell

保護細胞ともいう。植物などにみられる気孔水孔を構成する1対の細胞。普通,腎臓形であるが,イネ科の植物では唖鈴形である。気孔の孔辺細胞は葉緑体を含み,細胞壁は気孔に面する側が厚く,反対側は薄いので,膨圧の変化により気孔の開閉を行い,蒸散作用を調節することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうへん‐さいぼう〔‐サイバウ〕【孔辺細胞】

植物の気孔の周囲にある表皮細胞。気孔の開閉の調節を行う。保護細胞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうへんさいぼう【孔辺細胞】

植物の気孔や水孔を作っている一対の表皮細胞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の孔辺細胞の言及

【気孔】より

…水中に起源した植物が約4億年前に陸上に進出してきたとき,乾燥にどう適応するかは最も重要な進化の条件の一つであった。維管束によって水の通道をよくし,表皮組織をクチクラで包んで水が漏れるのを防ぐ一方で,通気孔としての気孔をつくり,かつ気孔の縁にある2個の孔辺細胞guard cellの開閉によって水の蒸散の調節を行うことで,植物はこの課題を克服している。孔辺細胞の周辺に2~4個の助細胞subsidiary cellのある場合もあり,これらの細胞も含めて広義の気孔(または気孔装置)ということもある。…

※「孔辺細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孔辺細胞の関連キーワードゼニゴケ(銭苔)ベネチテス助細胞一対表皮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android