孔辺細胞(読み)こうへんさいぼう(英語表記)guard cell

翻訳|guard cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「孔辺細胞」の解説

孔辺細胞
こうへんさいぼう
guard cell

保護細胞ともいう。植物などにみられる気孔水孔を構成する1対の細胞。普通腎臓形であるが,イネ科の植物では唖鈴形である。気孔の孔辺細胞は葉緑体を含み,細胞壁は気孔に面するが厚く,反対側は薄いので,膨圧の変化により気孔の開閉を行い,蒸散作用調節することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「孔辺細胞」の解説

こうへん‐さいぼう ‥サイバウ【孔辺細胞】

〘名〙 植物の気孔を構成する特殊な表皮細胞。ふつう三日月形をした二細胞が相対して、小孔が開く。細胞の膨圧変化で開閉し、水分の蒸散を調節する。葉緑体を含み、細胞膜は特異の増厚を伴う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「孔辺細胞」の解説

こうへん‐さいぼう〔‐サイバウ〕【孔辺細胞】

植物の気孔周囲にある表皮細胞。気孔の開閉の調節を行う。保護細胞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孔辺細胞の言及

【気孔】より

…水中に起源した植物が約4億年前に陸上に進出してきたとき,乾燥にどう適応するかは最も重要な進化の条件の一つであった。維管束によって水の通道をよくし,表皮組織をクチクラで包んで水が漏れるのを防ぐ一方で,通気孔としての気孔をつくり,かつ気孔の縁にある2個の孔辺細胞guard cellの開閉によって水の蒸散の調節を行うことで,植物はこの課題を克服している。孔辺細胞の周辺に2~4個の助細胞subsidiary cellのある場合もあり,これらの細胞も含めて広義の気孔(または気孔装置)ということもある。…

※「孔辺細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android