コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字音仮字用格 じおんかなづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

字音仮字用格
じおんかなづかい

本居宣長著。1巻。安永5 (1776) 年刊。日本に伝わった漢字の字音 (呉音漢音) をいかなる仮名で書き表わすべきかという字音かなづかいの問題を,万葉がなと『韻鏡』の知識を利用して本格的に取扱った最初の本。なかでも「おを所属弁」は,中世以来誤まられてきたア行の「お」とワ行の「を」の所属を正していることで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じおんかなづかい〔ジオンかなづかひ〕【字音仮字用格】

語学書。1巻。本居宣長(もとおりのりなが)著。安永5年(1776)刊。従来誤っていたオとヲの所属を改めるなど、誤りやすい字音の仮名遣いを述べたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じおんかなづかい【字音仮字用格】

語学書。本居宣長著。1776年刊。字音の仮名遣いを主に「韻鏡」に基づいて定めたもの。本書によって五十音図のオはア行、ヲはワ行に収められ、中世以来の誤りが正された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

字音仮字用格の関連キーワード字音仮名遣い五十音図大沢赤城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android