コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存在定理 そんざいていりexistence theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

存在定理
そんざいていり
existence theorem

数学では,何かの性質をもったものが存在する,といった形の定理が多い。この場合に,それをつくる方法はわからなくても,背理法で存在しなければ矛盾が生じるとしたり (たとえば無限個の素数の存在) ,超越的方法によったり (たとえば集合数の比較による超越数の存在) することもあるが,その存在証明自体が,そのものをつくる方法を意味しているものもある。不動点の存在や微分方程式の存在に,逐次近似折れ線近似を使う方法などは,実際に解を近似計算する方法を与えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

存在定理の関連キーワードハーバート・エリ スカーフライネル マッケンジーダランベール有理形関数関数解析定積分反復法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android