孝安天皇(読み)こうあんてんのう

日本大百科全書(ニッポニカ)「孝安天皇」の解説

孝安天皇
こうあんてんのう

皇室系譜に第6代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。孝昭(こうしょう)天皇の第2子で、母は世襲足媛(よそたらしひめ)。孝安元年に即位、同2年に都を室(むろ)(奈良県御所(ごせ)市室)の秋津嶋(あきづしまのみや)に遷(うつ)し、同26年に姪(めい)の押媛(おしひめ)を皇后とし、同102年に没して玉手丘上陵(たまてのおかのかみのみさざき)に葬られたという。『古事記』は、母を余曽多本比売命(よそたほひめのみこと)、皇后を忍鹿比売命(おしかひめのみこと)とし、123歳で没したと伝える。

[星野良作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「孝安天皇」の解説

孝安天皇 こうあんてんのう

記・紀系譜による第6代天皇。
父は孝昭天皇。母は世襲足媛(よそたらしひめ)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は室(むろ)の秋津島(あきつしまの)宮。孝安天皇102年1月9日死去。123歳(「古事記」)。墓所は玉手丘上陵(たまてのおかのえのみささぎ)(奈良県御所市)。別名は日本足彦国押人天皇(やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「孝安天皇」の解説

孝安天皇

『古事記』『日本書紀』に第6代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば,孝昭天皇と尾張連の遠祖・瀛津世襲のの世襲足媛との間に第2子として生まれた。日本足彦国押人天皇という。孝昭天皇を掖上博多山上陵(御所市)に葬り,室(御所市)に秋津島宮を営んだ。天足彦国押人命は和珥臣らの始祖となったと伝えられる。

(大平聡)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「孝安天皇」の解説

孝安天皇
こうあんてんのう

第6代に数えられる天皇。名はヤマトタラシヒコクニオシヒトノミコト。孝昭天皇の第2皇子,母は皇后ヨソタラシヒメノミコト。大和室秋津島宮に都し,オシヒメノミコトを立てて皇后とした。陵墓は奈良県御所市玉手字宮山の玉手丘上陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「孝安天皇」の解説

こうあん‐てんのう〔カウアンテンワウ〕【孝安天皇】

記紀で、第6代の天皇。孝昭天皇の第2皇子。名は日本足彦国押人やまとたらしひこくにおしひと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「孝安天皇」の解説

こうあん‐てんのう カウアンテンワウ【孝安天皇】

第六代天皇。孝昭天皇の第二皇子。名は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android