コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝安天皇 こうあんてんのう

6件 の用語解説(孝安天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝安天皇
こうあんてんのう

第6代に数えられる天皇。名はヤマトタラシヒコクニオシヒトノミコト。孝昭天皇の第2皇子,母は皇后ヨソタラシヒメノミコト。大和室秋津島宮に都し,オシヒメノミコトを立てて皇后とした。陵墓は奈良県御所市玉手字宮山の玉手丘上陵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうあん‐てんのう〔カウアンテンワウ〕【孝安天皇】

記紀で、第6代の天皇。孝昭天皇の第2皇子。名は日本足彦国押人(やまとたらしひこくにおしひと)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孝安天皇 こうあんてんのう

記・紀系譜による第6代天皇。
父は孝昭天皇。母は世襲足媛(よそたらしひめ)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は室(むろ)の秋津島(あきつしまの)宮。孝安天皇102年1月9日死去。123歳(「古事記」)。墓所は玉手丘上陵(たまてのおかのえのみささぎ)(奈良県御所市)。別名は日本足彦国押人天皇(やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

孝安天皇

『古事記』『日本書紀』に第6代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば,孝昭天皇と尾張連の遠祖・瀛津世襲の妹の世襲足媛との間に第2子として生まれた。日本足彦国押人天皇という。孝昭天皇を掖上博多山上陵(御所市)に葬り,室(御所市)に秋津島宮を営んだ。兄の天足彦国押人命は和珥臣らの始祖となったと伝えられる。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうあんてんのう【孝安天皇】

記紀の所伝で第六代天皇、日本足彦国押人尊やまとたらしひこくにおしひとのみことの漢風諡号しごう。孝昭天皇の皇子。在位102年という。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝安天皇
こうあんてんのう

皇室系譜に第6代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。孝昭(こうしょう)天皇の第2子で、母は世襲足媛(よそたらしひめ)。孝安元年に即位、同2年に都を室(むろ)(奈良県御所(ごせ)市室)の秋津嶋宮(あきづしまのみや)に遷(うつ)し、同26年に姪(めい)の押媛(おしひめ)を皇后とし、同102年に没して玉手丘上陵(たまてのおかのかみのみさざき)に葬られたという。『古事記』は、母を余曽多本比売命(よそたほひめのみこと)、皇后を忍鹿比売命(おしかひめのみこと)とし、123歳で没したと伝える。[星野良作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孝安天皇の関連情報