コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟夏 モウカ

デジタル大辞泉の解説

もう‐か〔マウ‐〕【×孟夏】

《「」は初めの意》の初め。初夏。また、陰暦4月の異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうか【孟夏】

〔「孟」ははじめの意〕
夏のはじめ。初夏。
陰暦四月の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の孟夏の言及

【立夏】より

…現在では太陽が視黄経45゜にあるときと定義されていて5月5~6日ころになるが,旧暦の日付では3月15日~4月15日の間のどこかになる。その時代には4月を孟夏といい4~6月を夏としていたが,詩歌では立夏の日からを夏と扱っており,ほととぎすが忍び音で鳴くころを迎えたのである。【内田 正男】。…

※「孟夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孟夏の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙孟月の宴孟夏の宴呂氏春秋平井 功竜田祭扇の拝神衣祭三枝祭立夏三夏四孟孟月異名

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孟夏の関連情報