孟夏(読み)モウカ

大辞林 第三版の解説

もうか【孟夏】

〔「孟」ははじめの意〕
夏のはじめ。初夏。
陰暦四月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐か マウ‥【孟夏】

〘名〙 (「孟」は初めの意) 夏の初め。初夏。また、陰暦四月の異称。《季・夏》
※経国集(827)二〇「服蒼玉於早春、建朱旗於孟夏」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の孟夏の言及

【立夏】より

…現在では太陽が視黄経45゜にあるときと定義されていて5月5~6日ころになるが,旧暦の日付では3月15日~4月15日の間のどこかになる。その時代には4月を孟夏といい4~6月を夏としていたが,詩歌では立夏の日からを夏と扱っており,ほととぎすが忍び音で鳴くころを迎えたのである。【内田 正男】。…

※「孟夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android