孤児著作物(読み)コジチョサクブツ

デジタル大辞泉の解説

こじ‐ちょさくぶつ【孤児著作物】

権利者の身元所在が不明な著作物。権利者から使用の許諾を得ることができず、著作物の活用に支障をきたす。日本では、著作権法規定により、文化庁長官の裁定を受けて利用することができる制度が設けられている。オーファンワークスオーファン作品孤児作品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤児著作物の関連情報