コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤峰白巌 こほう はくがん

1件 の用語解説(孤峰白巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤峰白巌 こほう-はくがん

1845-1909 幕末-明治時代の僧。
弘化(こうか)2年5月10日生まれ。曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)瑞泉(ずいせん)寺の鉄心,祇園(ぎおん)寺の禅棟らにまなぶ。明治16年能登(のと)(石川県)永光(ようこう)寺の住持となり,荒廃した同寺の復興につくした。明治42年3月8日死去。65歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は四本木。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

孤峰白巌の関連キーワード富本節スバルレオポルド2世後藤三右衛門(2代)スタング(父子)田中不二麿梅ヶ谷藤太郎田中不二麻呂新島八重子橋本綱常

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone