コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤峰白巌 こほう はくがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤峰白巌 こほう-はくがん

1845-1909 幕末-明治時代の僧。
弘化(こうか)2年5月10日生まれ。曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)瑞泉(ずいせん)鉄心,祇園(ぎおん)寺の禅棟らにまなぶ。明治16年能登(のと)(石川県)永光(ようこう)寺の住持となり,荒廃した同寺の復興につくした。明治42年3月8日死去。65歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は四本木。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

孤峰白巌の関連キーワード明治時代孤峰智璨弘化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android