学級訪問(読み)がっきゅうほうもん(英語表記)classroom visit

図書館情報学用語辞典の解説

学級訪問

公共図書館によって行われる児童向けのサービスの一つで,図書館員が学校に行き,授業の一部として学級単位に図書館や読書や本について児童に話をすること.単に話をするだけでなく,児童の興味を引くように,数冊の本を紹介するブックトークストーリーテリング,さらに,紙芝居なども合わせてなされる場合が多い.図書館への理解や読書への興味を深めることを目的としており,小学校を中心とするが,幼稚園や中学校が対象となることもある.学級訪問の実施のためには当該の学校や司書教諭などから十分な理解を得ることが必要である.なお,近年では生徒に来館してもらう「学級招待」の事例も増加している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android