コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉徽 りゅうき Liu Hui

6件 の用語解説(劉徽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉徽
りゅうき
Liu Hui

中国,三国魏の数学者。景元4 (263) 年に『九章算術注』を著わした。『晋書』の「律歴志」によると,劉徽は正九十六角形と正百九十二角形の周を計算して 3.141024と 3.142704を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐き〔リウ‐〕【劉徽】

中国、三国時代の数学者。263年、中国最古の数学書「九章算術」の注釈を作り、その中で円周率の算定や立体の体積計算法に極限の考えを示した。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

劉徽【りゅうき】

中国,三国の魏の数学者。生没年不詳。263年《九章算術》の注解定本を作り,注の中で極限の考えを用いて円周率・面積・体積を計算した。ほかに《海島算経》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうき【劉徽 Liú Huī】

中国,魏・晋時代の数学者。生没年不詳。263年(景元4)に《九章算術》9巻に注釈を加え,《重差》1巻,《九章重差図》1巻を撰した。《重差》は唐代に《海島算経》と称された。《九章算術》の注には多くの創見が見られるが,割円術によって円周率を求める算法には極限の考えが用いられ,円に内接する正192角形の面積によってπ=3.14という近似値を決定し,正3072角形の面積によって3.1416を求めた。【橋本 敬造】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうき【劉徽】

中国、魏・晋しん時代の数学者。数学書「九章算術」に注釈を施す。その補遺が唐初に出版され「海島算経」と称される。円周率・三角法などに創見を示す。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉徽
りゅうき

生没年不詳。中国、三国・魏(ぎ)から晋(しん)代の数学者。263年に数学書『九章算術』の優れた注釈書を著した。同書の方田(田の面積計算)の章で円周率に3が用いられていることの不正確さを指摘して、円の面積、円周は、それに内接する正多辺形の辺数を増していったときの面積と周の極限とみなし、正192辺形まで計算して(314+64/625)/100を得、さらに精密な値として(314+4/25)/100=3.1416を示した。商功(土木工事関係の計算)の章でも体積の計算に極限の考えがみられる。同書の内容を補うため「重差」の巻を加え、『九章重差図』1巻を著したが、のちに後者は失われ、前者は独立して『海島算経』1巻として伝えられた。内容は、測量に関する問題を相似三角形の性質を用いて解くものである。[宮島一彦]
『藪内清編、橋本敬造・川原秀城訳『科学の名著2 中国天文学・数学集』(1980・朝日出版社) ▽銭宝編、川原秀城訳『中国数学史』(1990・みすず書房) ▽藪内清著『中国の数学』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の劉徽の言及

【九章算術】より

…数学的には算術や初歩の代数学で処理される問題が取り扱われ,平面および立体の求積問題をはじめ,比例計算,一次多元方程式,二次一元方程式,ピタゴラスの定理の応用,負数を四則計算にとり入れたことなど多方面にわたっている。三国魏の劉徽(りゆうき)が263年(景元4)に加えた注釈はきわめてすぐれており,ことに円周率の計算が注目される。日本には平安朝時代に輸入されたが,その影響はほとんどなかった。…

※「劉徽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劉徽の関連キーワード秦九韶李迪宝井馬琴清元斎兵衛『荘子』毛利重能堅田喜惣治柳川一蝶斎山彦河良李鼎祚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone