宇宙の日

デジタル大辞泉プラスの解説

宇宙の日

9月12日。1992年の国際宇宙年を記念して、科学技術庁(現・文部科学省)や宇宙科学研究所(ISAS)などからなる日本国際宇宙年協議会が、公募により日付を決めて制定。日付は同年9月12日に宇宙飛行士の毛利衛が日本人として初めてスペースシャトル・エンデバーで宇宙に飛び立ったことにちなむ。国際宇宙年の年号「'92」を漢数字で書くと「九十二」となることも由来のひとつ。この日と世界宇宙週間を含む9月初旬から10月上旬は「『宇宙の日』ふれあい月間」として、さまざまな宇宙関連行事が行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙の日の関連情報