コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利衛 もうり まもる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利衛 もうり-まもる

1948- 昭和後期-平成時代の宇宙飛行士。
昭和23年1月29日生まれ。北大助教授であった昭和60年宇宙飛行士にえらばれ,宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)職員となる。平成4年日本人科学者としてはじめてスペースシャトルエンデバー」に搭乗,宇宙実験や宇宙授業をおこなう。10年ミッションスペシャリスト資格を取得。12年再度「エンデバー」で宇宙飛行。同年日本科学未来館館長。23年宇宙連詩の普及に貢献したとして藤村記念歴程賞特別賞。北海道出身。北大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛利衛
もうりまもる
(1948― )

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))に所属していた元宇宙飛行士。1月29日、北海道余市(よいち)郡余市町生まれ。1970年(昭和45)北海道大学理学部化学科卒業、1972年同大学大学院理学系化学専攻修士課程修了。1975年オーストラリアのサウス・オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学部博士課程修了、翌1976年博士号取得。1980年北海道大学講師。1982年同大学助教授。助教授を務めていた1985年8月、宇宙開発事業団(NASDA(ナスダ)。現、JAXA)のペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者、PS)に、土井隆雄、向井千秋(むかいちあき)とともに選ばれる。同年11月NASDAに入社。1992年9月、日本人初のPSとしてスペースシャトル「エンデバー号」に搭乗、第一次材料実験(FMPT=ふわっと'92)で、日本の研究者提案による材料分野22テーマ、ライフサイエンス分野12テーマの実験を遂行した。1996年アメリカ航空宇宙局(NASA(ナサ))ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者、MS)訓練コースに参加、1998年MS基礎訓練コースを修了しMSの資格を取得。2000年2月にはふたたび「エンデバー号」にMSとして搭乗し、地球の陸地立体地図作成のための地表データの取得などを行った。同年(平成12)10月、日本科学未来館(みらいCAN)の初代館長に就任。2008年4月からJAXA有人宇宙技術部主幹開発員(非常勤)として活動。[編集部]
『毛利衛著『宇宙実験レポート from U.S.A.――スペースシャトル・エンデバーの旅』(1995・講談社) ▽毛利衛著『毛利衛、ふわっと宇宙へ』(朝日文庫) ▽毛利衛著『宇宙の風――50歳からの再挑戦』(朝日文庫) ▽毛利衛著『宇宙からの贈りもの』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

毛利衛の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

毛利衛の関連情報