コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利衛 もうり まもる

2件 の用語解説(毛利衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利衛 もうり-まもる

1948- 昭和後期-平成時代の宇宙飛行士。
昭和23年1月29日生まれ。北大助教授であった昭和60年宇宙飛行士にえらばれ,宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)職員となる。平成4年日本人科学者としてはじめてスペースシャトルエンデバー」に搭乗,宇宙実験や宇宙授業をおこなう。10年ミッションスペシャリスト資格を取得。12年再度「エンデバー」で宇宙飛行。同年日本科学未来館館長。23年宇宙連詩の普及に貢献したとして藤村記念歴程賞特別賞。北海道出身。北大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛利衛
もうりまもる
(1948― )

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))に所属していた元宇宙飛行士。1月29日、北海道余市(よいち)郡余市町生まれ。1970年(昭和45)北海道大学理学部化学科卒業、1972年同大学大学院理学系化学専攻修士課程修了。1975年オーストラリアのサウス・オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学部博士課程修了、翌1976年博士号取得。1980年北海道大学講師。1982年同大学助教授。助教授を務めていた1985年8月、宇宙開発事業団(NASDA(ナスダ)。現、JAXA)のペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者、PS)に、土井隆雄、向井千秋(むかいちあき)とともに選ばれる。同年11月NASDAに入社。1992年9月、日本人初のPSとしてスペースシャトル「エンデバー号」に搭乗、第一次材料実験(FMPT=ふわっと'92)で、日本の研究者提案による材料分野22テーマ、ライフサイエンス分野12テーマの実験を遂行した。1996年アメリカ航空宇宙局(NASA(ナサ))ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者、MS)訓練コースに参加、1998年MS基礎訓練コースを修了しMSの資格を取得。2000年2月にはふたたび「エンデバー号」にMSとして搭乗し、地球の陸地立体地図作成のための地表データの取得などを行った。同年(平成12)10月、日本科学未来館(みらいCAN)の初代館長に就任。2008年4月からJAXA有人宇宙技術部主幹開発員(非常勤)として活動。[編集部]
『毛利衛著『宇宙実験レポート from U.S.A.――スペースシャトル・エンデバーの旅』(1995・講談社) ▽毛利衛著『毛利衛、ふわっと宇宙へ』(朝日文庫) ▽毛利衛著『宇宙の風――50歳からの再挑戦』(朝日文庫) ▽毛利衛著『宇宙からの贈りもの』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利衛の関連キーワードテレシコワ宇宙飛行士地球は青かった近藤陽次土井隆雄早川幸男向井千秋野口聡一山崎直子向井万起男

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛利衛の関連情報