宇宙論的証明(読み)うちゅうろんてきしょうめい

精選版 日本国語大辞典「宇宙論的証明」の解説

うちゅうろんてき‐しょうめい ウチウ‥【宇宙論的証明】

〘名〙 神の存在の証明の一つ。自然界因果関係によって制約されているという事実に基づき、因果をさかのぼって究極原因としての存在証明しようとするもの。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宇宙論的証明」の解説

宇宙論的証明
うちゅうろんてきしょうめい
cosmological argument

神の存在の証明の一つ。自然を証明的推論出発点とし,自然界にみられる因果関係をたどって原因にさかのぼり,ついに最後の第一原因に達し,これを神と認める方法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「宇宙論的証明」の解説

うちゅうろんてき‐しょうめい〔ウチウロンテキ‐〕【宇宙論的証明】

神の存在証明の一。自然界の因果系列をさかのぼって、始動者ないしは究極の原因としての神の存在を推論するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android