コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇文護 うぶんごYu-wen Hu; Yü-wên Hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇文護
うぶんご
Yu-wen Hu; Yü-wên Hu

[生]太和19(495)
[没]建徳1(572)
中国,北周の実権者。宇文泰の兄の子。泰の死後その遺命によって泰の世子覚を補佐し,西魏の恭帝の帝位を覚に譲らせた。これによって北が成立した。護はのち孝閔帝 (覚) を廃し,さらに,その跡を継いだ明帝を殺して武帝を立てた。護は北周の基礎を固めるのに功績があったが,その専横を憎んだ武帝によって殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の宇文護の言及

【武帝】より

宇文泰の第4子。兄の明帝が朝廷の実権を握る従兄の宇文護に弑されたのち,宇文護によって擁立された。武帝は隠忍自重して時を待ち,572年(建徳1)宇文護を誅して親政を実現した。…

※「宇文護」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇文護の関連キーワード武帝(中国、北周)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android