コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇文泰 うぶんたい Yu-wen Tai; Yü-wên T`ai

5件 の用語解説(宇文泰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇文泰
うぶんたい
Yu-wen Tai; Yü-wên T`ai

[生]正始2(505)
[没]恭帝3(556)
中国,西魏の実権者で北周の基礎をつくった政治家,武将。北魏末の動乱のうちに成長し,ついに陝西甘粛地方をその掌中に収めるにいたった。永煕3 (534) 年,北魏の孝武帝が高歓から逃れて泰にその保護を求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うぶん‐たい【宇文泰】

[505~556]中国、南北朝時代西魏の宰相。鮮卑族の出身。初め北魏に仕えたが、その分裂後、文帝を擁立して西魏を建国し、東魏の高観と抗争。府兵制などの官制を定め、子の宇文覚の建てた北周の基礎を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うぶんたい【宇文泰 Yǔ wén Tài】

505?‐556
中国,西王朝の創立者。遠祖は匈奴系で遼西の鮮卑諸部落を統帥したという。宇文泰の字黒獺(こくたつ)も胡族としての名である。宇文氏は北魏の政策により武川鎮(内モンゴルフフホト北方)に移住定着して,代々北辺の守備に任じ,名家として知られた。六鎮(りくちん)の乱が起こると,宇文泰は父兄とともに中国内地に南下し,北魏が関中に派遣した反乱討伐軍に身を投じた。軍司令官賀抜岳が殺されると,諸将に推されてそのあとを継ぎ,高歓と対立する北孝武帝を長安に迎えて,西魏の事実上の主権者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うぶんたい【宇文泰】

505~556) 中国、南北朝時代、西魏の宰相。鮮卑せんぴ族の出身。初め北魏に仕え、その分裂後、西魏の宰相となり、東魏の高歓こうかんと対立。北周の基礎を築き、子孫の建てた北周により太祖文皇帝の廟号びようごうを贈られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇文泰
うぶんたい
(505―556)

中国、西魏(せいぎ)の実権者で、北周の事実上の創設者。字(あざな)は黒獺(こくらい)。祖先は宇文部(鮮卑(せんぴ)の一有力部族)の部族長。4世紀末、泰の4世の祖のときに北魏に帰順して北辺の武川鎮(ぶせんちん)に移住し、その後、代々鎮民として北方防備にあたっていた。523年北鎮に発した鎮民反乱は北魏の内乱、瓦解(がかい)にまで発展、そのなかで宇文泰はしだいに頭角を現し、535年長安を根拠に北魏の一族を皇帝に擁立して(西魏の文帝)、高歓(こうかん)の擁立した東魏、および南朝の梁(りょう)と鼎立(ていりつ)した。西魏は初め軍事的に劣勢だったが、宇文泰は大丞相(じょうしょう)として質実の風を柱に政治を行い、胡(こ)姓の復活、二四軍(府兵制の前身)の創設、周礼(しゅらい)主義に基づく六官の制の採用などを施行し、北鎮出身勢力と関中豪族との胡漢合作政権の統一運営に成功、国力を充実させた。泰の死後、子の宇文覚が北周を創建した。[佐藤智水]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇文泰の言及

【軍制】より

…北朝では,異民族支配者が自己の種族の兵を国軍の中核にすえ,漢人を臨時補助的兵士として徴募したが,王朝の漢人社会への同化につれて,本族兵の地位が低下した。西魏の宇文泰(505?‐556)は,漢人徴募兵を直属させて六柱国・十二大将軍・二十四開府儀同が統率する二十四軍に編成,恒常的に儀同府に統轄し,郡県の戸籍から分離し,賦役を免除した。これらは,当番出動以外は農業に従事する民兵であって,隋・唐の衛・府兵制の起源とされる。…

【西魏】より

…534‐556年。北魏末に陝西・甘粛方面の反乱を討伐するため中央から派遣された軍が武将宇文泰を中心に自立し,洛陽から魏帝を迎えて長安を首都に西魏王朝を建設した。その国力はライバルの東魏に比べて貧弱であったが,北鎮系の軍と現地の漢人豪族とが協力して,府兵制,六官の制など一連の復古的革新政策を打ち出し,よく東魏に対抗した。…

※「宇文泰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇文泰の関連キーワード書経征服王朝趙匡胤奴隷王朝李広利劉淵遠祖西魏文帝パタン王朝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone