コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西魏 セイギ

百科事典マイペディアの解説

西魏【せいぎ】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぎ【西魏 Xī Wèi】

中国の王朝。534‐556年。北魏末に陝西甘粛方面の反乱を討伐するため中央から派遣された軍が武将宇文泰を中心に自立し,洛陽から魏帝を迎えて長安を首都に西魏王朝を建設した。その国力はライバルの東魏に比べて貧弱であったが,北鎮系の軍と現地の漢人豪族とが協力して,府兵制,六官の制など一連の復古的革新政策を打ち出し,よく東魏に対抗した。さらに南朝の内乱に乗じて長江(揚子江)上流地域を獲得したことは中国再統一の第一歩を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいぎ【西魏】

中国、北魏末期、宇文泰が北魏の一族である文帝を擁して、長安に建てた国(535~556)。陝西・甘粛を支配。子の宇文覚が北周を建て、西魏は二十余年で滅んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西魏
せいぎ

中国の王朝(535~556)。北魏(ほくぎ)が東西に分裂してできた王朝で、北魏の宗室を帝としていただいていたが、実権は宇文泰(うぶんたい)が握っており、泰の世子の宇文覚が帝位を譲り受けて北周(ほくしゅう)を建てた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西魏の言及

【魏晋南北朝時代】より

…この内乱は頂点に登りつめた貴族階級に決定的な打撃を与えるとともに,南朝史の発展を大きく阻止した。梁の版図のうち長江中上流地方は西魏に占領され,貴族の多くが北方に拉致(らち)された。占領地には傀儡(かいらい)政権として後が建てられた。…

※「西魏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西魏の関連キーワード南北朝時代(中国)府兵制[中国]イリク・ハガン麦積山石窟黄華石像伊利可汗未央宮三長制長孫晟宇文護阿那瓌文宣帝孝閔帝計帳北朝江津元帝楊堅庾信張掖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android