コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇梶静江 うかじ しずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇梶静江 うかじ-しずえ

1933- 昭和後期-平成時代の詩人,絵本作家,アイヌ文化継承者。
昭和8年3月16日生まれ。俳優・宇梶剛士の母。昭和47年朝日新聞に「ウタリ(同胞の意)たちよ、手をつなごう」を投稿。48年東京アイヌウタリ協会会長。平成20年アイヌ・ウタリ連絡会の代表。アイヌの解放運動家,アイヌ文化の継承者として,アイヌの刺繍や伝統衣装・古布絵を製作。古布絵,絵本を通じてアイヌ文化を国内外に発信したとして,23年吉川英治文化賞を受賞。絵本に「シマフクロウとサケ」「セミ神様のお告げ アイヌの昔話より」など。北海道出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇梶静江の関連キーワード昭和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android