コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治の姫切 うじのひめきり

1件 の用語解説(宇治の姫切の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うじのひめきり【宇治の姫切】

浄瑠璃の曲名。1658年(明暦4)刊。江戸和泉太夫正本。岡清兵衛重俊作。六段。現存正本最古の金平(きんぴら)浄瑠璃。初段は戦記物や説話,謡曲などに見られる四天王の武勇譚と宇治の橋姫の伝説を下敷きとしたもので,曲名はこの段に由来する。二段目以下は由良の武者所頼親の謀反の征討が主題である。この作品は親四天王の世代で,金平物としては未熟な面も多いが,源氏の棟梁と家臣たちの変化(へんげ)退治,謀反征伐という要件はすでに備わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

宇治の姫切の関連キーワードアウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)山村松庵渡辺銅意アウラングゼーブスコーネ滑り唄万治青木鷺水

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone