コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治の姫切 うじのひめきり

1件 の用語解説(宇治の姫切の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うじのひめきり【宇治の姫切】

浄瑠璃の曲名。1658年(明暦4)刊。江戸和泉太夫正本。岡清兵衛重俊作。六段。現存正本最古の金平(きんぴら)浄瑠璃。初段は戦記物や説話,謡曲などに見られる四天王の武勇譚と宇治の橋姫の伝説を下敷きとしたもので,曲名はこの段に由来する。二段目以下は由良の武者所頼親の謀反の征討が主題である。この作品は親四天王の世代で,金平物としては未熟な面も多いが,源氏の棟梁と家臣たちの変化(へんげ)退治,謀反征伐という要件はすでに備わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇治の姫切の関連キーワード奥浄瑠璃金平本古浄瑠璃播磨節寄進浄瑠璃京浄瑠璃稽古浄瑠璃薩摩節浄瑠璃本床浄瑠璃

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone