宇陀金ごぼう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宇陀金ごぼう[根菜・土物類]
うだきんごぼう

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に宇陀市で生産されている。明治時代末期から栽培が始まり、大和・宇陀の名で京阪神の市場に流通。連作障害や困難な収穫作業のために一時衰退したが、掘り取り作業の機械化により、近年栽培量は増加傾向にある。肉質がやわらかく芳香もよいため、たたきごぼう・煮しめ・きんぴらなどに幅広く使われている。また、雲母に富む土壌で栽培され、表面に雲母が付着して金色に輝くことから金粉ごぼう・金ごぼうなどの名でも呼ばれ、縁起物として正月料理にもよく利用される。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇陀金ごぼうの関連情報