コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀金ごぼう

デジタル大辞泉プラスの解説

宇陀金ごぼう

奈良県宇陀市で生産されるゴボウ雲母を多く含む土壌で栽培されるため、付着した雲母がきらきらと光ることから縁起物として正月料理に用いられる。奈良県により「大和野菜」に選定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宇陀金ごぼう[根菜・土物類]
うだきんごぼう

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に宇陀市で生産されている。明治時代末期から栽培が始まり、大和・宇陀の名で京阪神の市場に流通。連作障害や困難な収穫作業のために一時衰退したが、掘り取り作業の機械化により、近年栽培量は増加傾向にある。肉質がやわらかく芳香もよいため、たたきごぼう・煮しめ・きんぴらなどに幅広く使われている。また、雲母に富む土壌で栽培され、表面に雲母が付着して金色に輝くことから金粉ごぼう・金ごぼうなどの名でも呼ばれ、縁起物として正月料理にもよく利用される。大和野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

宇陀金ごぼうの関連キーワード奈良県宇陀市近畿地方

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇陀金ごぼうの関連情報