守田勘弥(14代)(読み)もりた かんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守田勘弥(14代) もりた-かんや

1907-1975 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
明治40年3月8日生まれ。13代守田勘弥の甥(おい)。女役者3代坂東玉三郎の子。4代坂東玉三郎,3代坂東しうかをへて昭和10年14代勘弥を襲名江戸前二枚目を得意とした。水谷八重子(初代)と結婚し,実子水谷良重(よしえ)(2代水谷八重子),養子に5代坂東玉三郎。昭和50年3月28日死去。68歳。東京出身。本名は好之。俳名は秀佳。屋号喜の字屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android