コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末法 マッポウ

防府市歴史用語集の解説

末法

 仏教の考え方で、釈迦[しゃか]の教えと正しい行い・行いによる悟りの3つがある状態から、悟りがなくなり、次に正しい行いもなくなっていくという考えが末法思想です。悟りと正しい行いがなくなった状態が末法[まっぽう]で、釈迦の死後1000年たった、1052年から末法になると信じられていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

まっぽう【末法】

〘仏〙 三時の一。仏法が行われなくなる時代。正法時しようぼうじ・像法時ぞうぼうじを過ぎてのち一万年間の称。教法は存在するが、修行を行う者がなく同時に悟りの証も得られない時期。末法時。 → 正法像法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の末法の言及

【終末観】より

…この考え方はキリスト教に強い影響を与え,救済者としてのキリストの出現,その十字架上の死と栄光の復活という過程を通して〈神の国〉(全人類の救済)がつくられるという観念を生みだした。ところで,以上の系列の終末観に対して仏教においては,個人の魂の死後の運命を説く輪廻転生や因果応報の思想とともに,世界の終焉を予告する〈三時〉(正法,像法,末法)の思想が説かれた。〈三時〉とは釈迦の死後,世界がしだいに堕落・衰滅へとむかっていくプロセスを三つの段階に理念化したものであるが,最後の暗黒の時代を象徴する〈末法〉という考え方はとくに浄土教思想の根幹をなし,日本にも甚大な影響を与えた。…

※「末法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

末法の関連キーワード末法灯明記・末法燈明記仏教(日本の)末法灯明記守護国家論末法燈明記後五百歳五五百年上行菩薩鎌倉仏教三時思想三帖和讃南岳大師開目鈔安楽集三階教世も末正像末愚管抄法滅正法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末法の関連情報