コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安乗 あのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安乗
あのり

三重県東部,志摩半島南東部,志摩市南東部の地区。1889年安乗村として村制施行。1955年 1町 5村と合体して阿児町となり,2004年 4町と合体して志摩市となった。的矢湾の湾口部に位置し,沿岸漁業が行なわれる。中世,九鬼嘉隆の頃に始まると伝えられる安乗の人形芝居(国の重要無形民俗文化財)で知られ,19世紀前半の人形の首が残る。最盛期は江戸時代中期で,大正期末から中断していたが第2次世界大戦後復活し,毎年 8月15日,八幡神社の祭日に奉納される。付近の安乗岬は,江戸時代に幕府直営の灯明台が置かれたところで,今日も安乗埼灯台がある。伊勢志摩国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

安乗の関連キーワード三重県志摩市阿児町安乗秋田県湯沢市大町三重県志摩市海事史料叢書阿児[町]あのりふぐ平敷屋朝敏志摩(市)長束正家河村瑞賢安乗崎蔡温

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安乗の関連情報