伊勢志摩国立公園(読み)いせしまこくりつこうえん

日本大百科全書(ニッポニカ)「伊勢志摩国立公園」の解説

伊勢志摩国立公園
いせしまこくりつこうえん

三重県中東部、伊勢神宮を中心とする地域と志摩半島、熊野灘(くまのなだ)沿岸からなる国立公園。1946年(昭和21)指定、1977年南島(なんとう)町(現南伊勢町)地区を追加。面積555.44平方キロメートル。この公園の特色は、地形的には日本でも代表的な屈曲の多いリアス式海岸と、その背後に展開する標高30~50メートルの広い海成段丘からなる平坦(へいたん)面(隆起海食台地)の存在で、横山(203メートル)、金比羅(こんぴら)山(99メートル)などの孤立した山頂からの景観は女性的な美しさである。植生的には伊勢市の神宮林の暖帯性常緑広葉樹林と志摩海岸の暖地性植物群落が貴重である。とくに神宮林は千古斧(おの)を入れぬ広い天然林で、シイ、カシ、サカキなど、この地方の森林生態を残し、またトキワマンサク、ドウダンツツジなどの自生地もあり、学術上興味深い。観光的には二つの面をもつ。一つは伊勢神宮とその付属施設で、日本文化の伝統の集積がみられる。もう一つは志摩地区の海岸で、的矢(まとや)、英虞(あご)湾、五ヶ所(ごかしょ)湾などには、内海の自然景観と真珠養殖海女(あま)漁業などを含む沿岸漁村の産業・民俗景観があり、先志摩(さきしま)の太平洋岸では断崖(だんがい)と岩礁に荒波が砕ける男性的な美しさもある。近畿日本鉄道が英虞湾の中心賢島(かしこじま)へ通じ、伊勢自動車道、伊勢志摩スカイライン、伊勢道路、志摩パールロード、伊勢湾フェリーや高速船の就航など交通の便がよく、ホテル、民宿、レジャーランド、ゴルフ場などの施設も整い、海外からの観光客も多い。

[伊藤達雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伊勢志摩国立公園」の解説

伊勢志摩国立公園
いせしまこくりつこうえん

三重県志摩半島東部一帯と度会郡の一部を占める自然公園。面積 555.44km2。1946年指定。複雑な変化に富んだ海岸線や入江,岬,大小の島々伊勢神宮,真珠の養殖などが観光の中心。伊勢神宮は古来信仰の中心地で,内宮・外宮の簡素な神殿と森厳な環境に恵まれている。境内に続く原生林は学術的に価値がある。志摩半島では,的矢湾奥の伊雑浦(いぞうのうら)にある伊雑宮(いざわのみや),五ヶ所湾英虞湾鳥羽湾などのリアス海岸と,静かな入江に浮かぶ真珠養殖施設,太平洋の荒波によって荒削りされた安乗崎大王崎海食崖などがある。気候が温暖なため,ツバキ,ハマユウなどの南国植物が目につく。イセエビアワビなど海の幸に恵まれている。伊勢市,鳥羽市が観光の拠点。賢島にはホテル,ゴルフ場があり,伊勢,鳥羽には旅館が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「伊勢志摩国立公園」の解説

伊勢志摩国立公園【いせしまこくりつこうえん】

三重県東部の志摩半島一帯を占める。面積555.49km2。1946年指定。入江と岬の海岸美,伊勢神宮,真珠養殖が観光の中心。温暖で海浜植物が繁茂し,神宮域には天然林が見られる。海食崖の大王崎安乗(あのり)崎賢島(かしこじま)がある真珠の本場英虞(あご)湾,夫婦岩が浮かぶ二見浦,海女(あま)が多い答志島菅島,スカイラインが通じる朝熊(あさま)ケ岳など景勝地が多い。伊勢市,鳥羽市が観光基地で,参宮線,近鉄線,フェリーボートが通じる。
→関連項目阿児[町]磯部[町]志摩[町]大王[町]鳥羽[市]南勢[町]浜島[町]三重[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「伊勢志摩国立公園」の解説

いせしま‐こくりつこうえん ‥コクリツコウヱン【伊勢志摩国立公園】

三重県東部の志摩半島、伊勢市、五ケ所湾などを含む国立公園。伊勢神宮のほか、真珠の養殖で名高い英虞(あご)湾、二見浦、大王崎などの景勝地がある。昭和二一年(一九四六)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android