コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

的矢湾 まとやわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

的矢湾
まとやわん

三重県東部,志摩半島東部のリアス湾入湾口の幅は 1.1kmと狭いが奥行は 9.3kmと深く,古くから避難港として利用された。湾口に安乗埼灯台があり,湾内に渡鹿野島(わたかのじま)が浮かぶ。的矢,渡鹿野の漁港集落があり,真珠,ハマチ,カキ養殖が行なわれる。最奥の伊雑浦(いぞうのうら)ではカキのほかウナギを養殖。魚種が豊かで釣りの好適地。湾奥志摩市磯部町の中心集落磯部がある。近年は観光地化が進む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まとや‐わん【的矢湾】

三重県、志摩半島東部のリアス式の湾。天然の良港で、古くから避難港として利用された。真珠やカキの養殖が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まとやわん【的矢湾】

三重県東部,志摩半島東部中央にある湾入。いくつかの支湾に分かれ,中央に渡鹿野(わたかの)島が浮かび,湾口は北から菅崎,南から安乗(あのり)崎が迫る。リアス海岸で,西に深く入りこんだ湾奥は溺れ谷入江の伊雑(いぞう)ノ浦である。伊雑ノ浦には神路川が流入し,流域に沖積低地を形成,入江の奥の磯部町上之郷には伊勢神宮の別宮伊雑宮が鎮座する。一帯は古来伊勢神宮領で神戸や御厨(みくりや)があり,中世には的屋氏が城を構えていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まとやわん【的矢湾】

三重県志摩半島東岸にある湾。海食台が沈降した溺おぼれ谷で湾内は天然の良港。志摩市磯部町的矢は近世、廻船の港町として繁栄。真珠養殖が行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕的矢湾(まとやわん)


三重県志摩(しま)半島の東部にある湾。安乗(あのり)崎と菅(すげ)崎間の湾口から約10kmにわたり屈曲しつつ西方に深く湾入する。湾奥部は伊雑ノ(いぞうの)浦とよばれ、特産の無菌カキや真珠の養殖が盛ん。中央の狭隘(きょうあい)部に的矢湾大橋が架かる。湾内に浮かぶ渡鹿野(わたかの)島は江戸時代からの風待ち港で、歓楽地として繁栄。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

的矢湾
まとやわん

三重県中東部、志摩(しま)半島の東端中央部にある湾入。東から西へ深く切れ込んだ典型的なリアス式湾入で、湾口の幅1.1キロメートル、奥行9.3キロメートル。入口は遠州灘(えんしゅうなだ)に向かって開くが狭く、中が広いので帆船時代から避難港、風待ち港として利用され、湾内の渡鹿野(わたかの)島や対岸の的矢には「はしりがね」とよばれた遊女がいて栄えた。湾内は真珠やカキの養殖筏(いかだ)が浮かび、とくに無菌の的矢カキの産地として有名。湾の奥は伊雑(いぞう)ノ浦とよばれ、ウナギ、カキの養殖が盛ん。湾の最奥に神路(かみじ)川、池田川が流入して沖積地をつくり、志摩市磯部(いそべ)町の中心集落や神宮の御田植神事で知られる伊雑宮(いざわのみや)がある。湾の周辺は緩やかな丘陵で、湾口の安乗(あのり)崎の白い四角い灯台など伊勢(いせ)志摩国立公園の美しい景観が開け、ホテル、別荘地、ゴルフ場などがある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

的矢湾の関連キーワード伊勢志摩ロイヤルホテル三重県志摩市志摩(市)磯部[町]真珠養殖的矢かき海食台安乗崎廻船安乗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

的矢湾の関連情報