安代温泉(読み)あんだいおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安代温泉
あんだいおんせん

長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。志賀(しが)高原の麓(ふもと)にある山ノ内温泉郷の一つである。温泉地の南側を流れる横湯川の河原で自噴していたものを1705年(宝永2)開湯した。湯田中、渋(しぶ)などの温泉街と接続する。行楽、療養向きの温泉で、落ち着いた雰囲気をもつ。泉質は塩化物泉。付近に温泉寺や薬師寺がある。長野電鉄湯田中駅からバス5分。

[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android