温泉寺

デジタル大辞泉プラスの解説

温泉寺

岐阜県下呂市、中根山の中腹にある寺院。臨済宗妙心寺派。山号医王山。寛文年間の創建と伝わる。下呂温泉とかかわりが深く、本尊薬師如来白鷺化身して温泉の湧出を知らせたという伝説が残る。

温泉寺

兵庫県豊岡市の大師山にある寺院。高野山真言宗別格本山。山号は末代山。城崎温泉を開いた道智上人が天平年間に開創したと伝わる。本尊の十一面観音立像は奈良の長谷寺にある観音像と同木同作で、国の重要文化財に指定。城崎温泉の守護寺として知られる。山上の奥院へはロープウェイで上ることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温泉寺の関連情報