コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全工学 あんぜんこうがくsafety engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全工学
あんぜんこうがく
safety engineering

主として産業に随伴して発生する災害の原因および経過の究明と,その防止に必要な科学および技術に関する系統的な知識体系。ここでいう災害とは,火災,爆発,破壊,中毒,職業病,傷害,公害などをいう。また災害とは,これらの異常現象とそれに伴う被害を総称したもので,被害には人的および物的の損失を含める。災害の防止とは,事故の発生を予防すること,および災害発生後の被害を最小限にすることをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全工学の関連情報