コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全工学 あんぜんこうがくsafety engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全工学
あんぜんこうがく
safety engineering

主として産業に随伴して発生する災害の原因および経過の究明と,その防止に必要な科学および技術に関する系統的な知識体系。ここでいう災害とは,火災,爆発,破壊,中毒,職業病,傷害,公害などをいう。また災害とは,これらの異常現象とそれに伴う被害を総称したもので,被害には人的および物的の損失を含める。災害の防止とは,事故の発生を予防すること,および災害発生後の被害を最小限にすることをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

安全工学の関連キーワード自動車事故被害者問題海上保安大学校原子力研究所化学装置石谷清幹環境工学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全工学の関連情報