コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安原機芳 やすはら きほう

1件 の用語解説(安原機芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原機芳 やすはら-きほう

1843-1899 明治時代の蒔絵(まきえ)師。
天保(てんぽう)14年生まれ。加賀金沢の人。画,蒔絵をまなび,神戸で輸出向けの美術工芸品を製作。明治18年大阪にうつり蒔絵師になる。26年日本美術協会大阪支会と描技会の設立につくし,各地の博覧会で受賞した。明治32年3月死去。57歳。本名は清。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安原機芳の関連キーワード御物蒔絵時代蒔絵地蒔き春正蒔絵青山勘四郎植松抱民梶山重次郎古満休意(1)治五右衛門(11代)清水嘉門