安原機芳(読み)やすはら きほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原機芳 やすはら-きほう

1843-1899 明治時代の蒔絵(まきえ)師。
天保(てんぽう)14年生まれ。加賀金沢の人。画,蒔絵をまなび,神戸で輸出向けの美術工芸品を製作。明治18年大阪にうつり蒔絵師になる。26年日本美術協会大阪支会と描技会の設立につくし,各地の博覧会で受賞した。明治32年3月死去。57歳。本名は清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android