コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安川落梧 やすかわ らくご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安川落梧 やすかわ-らくご

1652-1691 江戸時代前期の俳人。
承応(じょうおう)元年生まれ。美濃(みの)岐阜本町の富商。貞享(じょうきょう)5年岐阜に師の松尾芭蕉(ばしょう)をまねき,滞在中の世話をした。能書家としても知られた。「瓜畠(うりばたけ)集」(各務支考(かがみ-しこう)「笈(おい)日記」に採録)編集の途中,元禄(げんろく)4年5月12日死去。40歳。通称は万屋助右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安川落梧の関連キーワード承応インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋小泉友賢ルポートルアレクサンデル8世クレメンス12世戸次庄左衛門松木荘左衛門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone