コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安房川 あんぼうがわ

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕安房川(あんぼうがわ)


鹿児島県屋久(やく)島を流れる川。宮之浦(みやのうら)岳(標高1936m)に源を発し、東流して安房港で種子島(たねがしま)海峡に注ぐ。2級河川(安房川水系)。延長約20km。山間部は年間降水量が1万mmに達する多雨地のうえ、2000m近い標高差を一気に流下するため、千尋(せんぴろ)滝はじめ峡谷地形が発達。上流域には屋久杉が繁茂。上・中流域は霧島屋久国立公園に属する。その一部は1993年(平成5)、白神(しらかみ)山地とともに日本初の世界遺産(自然遺産として)に登録された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

安房川の関連キーワード霧島屋久国立公園種子島屋久杉繁茂東流

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安房川の関連情報