コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安房川 あんぼうがわ

1件 の用語解説(安房川の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕安房川(あんぼうがわ)


鹿児島県屋久(やく)島を流れる川。宮之浦(みやのうら)岳(標高1936m)に源を発し、東流して安房港で種子島(たねがしま)海峡に注ぐ。2級河川(安房川水系)。延長約20km。山間部は年間降水量が1万mmに達する多雨地のうえ、2000m近い標高差を一気に流下するため、千尋(せんぴろ)滝はじめ峡谷地形が発達。上流域には屋久杉が繁茂。上・中流域は霧島屋久国立公園に属する。その一部は1993年(平成5)、白神(しらかみ)山地とともに日本初の世界遺産自然遺産として)に登録された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安房川の関連キーワード屋久島屋久杉屋久島国立公園縄文杉白谷雲水峡永田岳海潟[温泉]上屋久[町]屋久[町]やくしま

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安房川の関連情報