コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営林署 えいりんしょ

6件 の用語解説(営林署の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営林署
えいりんしょ

林野庁が所管する国有林の管理・経営にあたっていた地方支分部局農林水産省設置法 (昭和 24年法律 153号) 31条・34条に基づき,営林局,営林支局の下におかれていた。 1886年の大小林区署官制 (明治 19年勅令 18号) が 1925年営林局署官制 (大正 13年勅令 366号) に改められ設けられた機関である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいりん‐しょ【営林署】

営林局の監督下にあって、国・公有林の管理・経営にあたった役所。平成11年(1999林野庁の組織改変に伴って廃止され、森林管理署に改組された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

営林署【えいりんしょ】

農水省の外局である林野庁営林局の下部管理機構。国有林野などの造林・伐採・治山・保護などを任務とする現業部門で,地元住民との接点に位置する。組織再編をおこない,営林局9,営林支局5,営林署229(1998年11月現在)を,1999年から森林管理局7,森林管理署98等に再編した。
→関連項目林野庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えいりんしょ【営林署】

国有林野の管理,経営業務は林野庁の所管であるが,その地方機関として,9営林局(北海道,青森,秋田,前橋,東京,長野,大阪,高知,熊本),5営林支局(函館,旭川,帯広,北見,名古屋)の上級管理機関と260余の下部管理機関である営林署がある。1924年,従来の林区署制度(〈国有林〉の項参照)が廃止され,営林局,営林署が設置されたのに始まる。営林署の業務は造林,伐採,治山,保護事業など全般にわたるが,地元住民と国有林との接点に位置しており,地元経済,産業や住民の生活との結合を図りながら管轄森林を管理,経営することが求められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいりんしょ【営林署】

営林局(現森林管理局)の指導・監督を受けて、主に国有林の管理・育成などを実施した官庁。1999年(平成11)森林管理署に改組。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営林署
えいりんしょ

林野庁の地方出先機関の一つである森林管理署の旧称。林野庁所管の森林を管理していたが、1998年(平成10)の国有林改革に伴い、翌年に森林管理署と改称された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営林署の関連キーワード国有林林野庁営林局国有林野の管理経営に関する基本計画地域管理経営計画林野庁が所管する国有林野林野庁以外の官庁が所管する国有林野国有林野事業特別会計林業経営国有林野特別経営事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営林署の関連情報