安東聖秀(読み)あんどう しょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東聖秀 あんどう-しょうしゅう

?-1333 鎌倉時代の武将。
新田義貞(よしさだ)の妻の伯父(おじ)。北条高時(たかとき)につかえ,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月新田義貞の鎌倉攻めの際,相模(さがみ)稲村ケ崎で新田軍に敗れ,高時邸にかえる。すでに高時一門は東勝寺で自害。「太平記」によれば聖秀は義貞の妻の投降の勧めをことわり,自刃(じじん)したという。通称は左衛門入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android