コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安楽尼 あんらくに

2件 の用語解説(安楽尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安楽尼 あんらくに

934-1011 平安時代中期の尼僧。
承平(じょうへい)4年生まれ。「拾遺往生伝」によれば,伊予(いよ)(愛媛県)天台宗法楽寺に住し,25年間毎日阿弥陀(あみだ)名号,観音真言,光明真言,普賢十願などをとなえ,不思議な現象をしめしながら往生したという。寛弘(かんこう)8年1月1日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安楽尼

没年:寛弘8.1.1(1011.2.6)
生年:承平4(934)
平安中期の女性往生者。出家後,伊予国(愛媛県)法楽寺に住む。25年間毎日阿弥陀名号,観音の真言,光明真言,普賢の十願の名号を唱え,その他の修行は数えきれないほどであった。寛弘4(1007)年8月,僧正一の夢に,安楽尼が呼んだので部屋にいくと,中に金色の阿弥陀像があって,我ここにありと告げたので阿弥陀仏の化身と知って帰依した。その後,正一の夢に安楽尼の部屋に紫雲と光明を見,毎夜異香があったので往生の予告と知った。比叡山の僧で近辺の法界房に住む清禅も,往生者であると確信した。<参考文献>三善為康選『拾遺往生伝』下巻

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安楽尼の関連キーワード扶桑集伊予砥伊予奉書菅家後集生者伊予蝋縁妙尼小野喬木女寛印釈妙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone